本茶臼について!読み方はほんちゃうす?茶臼の体位、夫婦体位とは?


 

本茶臼という言葉からは

ワイセツなイメージはなかなかできないですね(苦笑)。

 

 

ブログを手段にして
お金の不安と人間関係のストレスをなくす方法。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

 

 

 

日本では葉を挽いて抹茶にするために使う

石でできた臼を茶臼、茶臼山など「茶臼」が使われますが、

本茶臼とは何でしょうか。

 

 

読み方や内容など本茶臼について解説していきます。

 

 

 

本茶臼について紹介!どういう意味?読み方はほんちゃうす?

 

上記でも述べたように、茶臼とは

茶葉を挽いて抹茶にするために

用いるための臼のことです。

 

 

ちなみに、四十八手でも

茶臼というものがあります。

 

四十八手とは江戸時代からある

セックスの体位の48種類のことです。

 

 

また、四十八手には表裏があり、

全部で96種類あるいは

それ以上存在するといわれています。

 

 

茶臼は表四十八手の中の1つで

女性が上になる騎乗位のことですが、

茶臼の裏四十八手とされる体位が本茶臼です。

 

本茶臼の読み方は「ほんちゃうす」です。

 

 

この本茶臼は裏四十八手で

密着型の騎乗位のことを指します。

 

騎乗位である茶臼は、男性が仰向けに寝て

女性が男性にまたがって座り、男性の性器を

女性の性器に挿入する騎乗位の基本体系です。

 

 

これを女性側が座るのではなく、男性と女性の

胸と胸を密着させ、女性がうつ伏せとなって

男性に覆いかぶさる形で挿入する体位を本茶臼といいます。

 

 

キスをしながら密着度の高い体位である

本茶臼は女性に人気があるといわれています。

 

 

また、主導権を握りたいSっ気がある女性にも

人気が高い体位となっています。

 

 

本茶臼の読み方である「ほんちゃうす」と聞いても

パッとどんな体位か思い浮かばない人が多いでしょう。

 

画像などはインターネットで検索すると

多く出てくるので確認することができます。

 

 

ただしアダルトサイトもヒットするので

見る時には注意が必要です。

 

 

 

茶臼という体位がある?本茶臼の夫婦の体位について

 

四十八手とはセックスにおける

48種類の体位のことです。

 

 

江戸時代の浮世絵師である菱川師宣が描いた

「四十八手」という好色物語があります。

 

 

現代では四十八手はセックスの

体位の種類と認識されています。

 

ですが、「四十八手」は

セックスの体位について描かれたものではなく、

男女の出会いから話が始まる物語です。

 

1度機会があれば読んでみたいものです。

 

 

江戸時代からあるとされる四十八手は

江戸四十八手とも呼ばれています。

 

 

また、四十八手には表四十八手と裏四十八手があり、

合計で九十六手、もしくはそれ以上の

セックスの体位があります。

 

 

主に紹介される表四十八手の中に

茶臼という体位があります。

 

 

茶臼は基本の騎乗位のこと。

 

茶臼が変形した忍び居茶臼、唐草居茶臼、

いかだ茶臼、帆かけ茶臼、茶臼のばし、時雨茶臼、

機織茶臼など茶臼と付く体位がたくさんあります。

 

 

特に本茶臼は夫婦が密着できる体位のために

夫婦体位の中でも人気があり、お互いの愛を感じながら

全身を使って触れ合うことができる体位です。

 

キスをしながらであれば

もっとお互い感じることができるでしょう。

 

 

ただし本茶臼は夫婦間で

激しい動きがしにくい体位となります。

 

 

また、男性が主導権を取っても

上に乗っている女性を何回も突き上げることは

体力的に長く続かないでしょう。

 

体力に自信がある男性や、

ゆっくり楽しみたい夫婦体位としては

楽しめる体位です。

 

 

激しいセックスを求める場合は

本茶臼は夫婦体位にはおすすめしません。

 

 

 

まとめ。本茶臼について

 

本茶臼とは「ほんちゃうす」と読み、

江戸時代から続く四十八手の中の1つです。

 

 

茶臼が基本の体位とされ、

その変形型の1つが本茶臼とされています。

 

 

本茶臼をしたことがある?と聞かれても

どんな体位かをパッと思い浮かぶ人は少ないかもしれませんが、

結構経験している人は多いと思います。

 

 

茶臼である騎乗位は男性が仰向けに寝転がり、

その上に女性がまたがって座り性器を挿入しますが、

本茶臼は女性が男性にうつ伏せに覆いかぶさる形です。

 

 

茶臼が付く体位はたくさんありますが、

茶臼が付くからといって

全てが騎乗位ではありません。

 

 

例えば帆かけ茶臼や忍び居茶臼は

男性側が座ってその上に女性がまたがって

座り挿入する座位の系統になります。

 

必ずしも茶臼イコール騎乗位ではありません。

 

 

四十八手はとても奥深いです。

 

機会があれば本や画像などで

調べるとおもしろいかもしれません。

 

 

ヒワイなことを爽やかな笑顔で話す良夫。

自分と同じく焼き鳥、特につくねが大好物(笑)。

 

 

 

最後に、

 

自然体で生きれていないアナタへ。

 

自分でビジネスをして可能性の限界にチャレンジしませんか?

 

興味があれば
以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

スポンサードリンク
 





人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授