マレーシアの言語は?割合、母国語のあいさつと公用語、シンガポールの言語と中国語、英語の留学…ありがとう、こんにちはなど


 

マレーシアでは多言語が

飛び交っていて、

 

その割合は時代や場所によって

多少変化しています。

 

マレーシアの言語について

紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

マレーシアの言語は?割合と公用語、母国語。シンガポールの言語と中国語、英語の留学と教育

 

マレーシアはたくさんの民族が

入り混じる多民族国家です。

 

当然、マレーシアでは国内の各民族に

それぞれオリジナルの言語があります。

 

 

マレーシアで使用されている言語は

数種類あります。

 

マレーシアの公用語は

マレー民族が使うマレー語です。

 

一般的にマレーシア人として

教育される言語がマレー語です。

 

たくさん民族がいるなか、

ほとんどの人が各民族としての母国語と

マレー語を話すことができます。

 

 

そのほかにも、

昨今では英語教育にも

 

力を入れているため

英語が話せる人も多くなっています。

 

同じアジア圏でもシンガポールに

負けず劣らずの英語教育の

力の入れ具合です。

 

 

マレーシアでは英語教育が

言語教育の一環として

政策に盛り込まれるほどです。

 

マレーシアの言語政策の論文をみると、

現在は英語教育に力を入れていますが、

 

その政策は時代によって

多岐にわたるものでした。

 

学校での教育はもちろん

留学などにも力を入れています。

 

そのため、英語を話せる人は

高齢者よりも若者の割合が

高くなっています。

 

 

昨今の発展がめざましいマレーシアでは

ビジネスでは英語が

用いられることが多くなっています。

 

そのためマレーシアの首都である

クアラルンプールでは

英語がよく飛び交う言語となっています。

 

ビジネス公用語となっているため、

マレーシアでのビジネスの

 

契約書なども使用される言語は

英語が多くなっています。

 

 

マレーシアでは、

観光でも英語が使えればほかの言語は

使えなくても大丈夫です。

 

観光地ではマレー語で

かかれているメニューなども、

 

一緒に英語表記されているので

なんとなく英語がわかるくらいの

レベルでも困ることはありません。

 

 

マレーシアでは公用語のほかの

言語としては中国語もよく使用されます。

 

マレーシアで華僑と呼ばれる民族が

主な言語として中国語を使用します。

 

マレーシアで公用語になっている

マレー語という言語は

インドネシア語の兄弟言語となっていて、

 

マレー語とインドネシア語で

話しても会話が成立するほどよく似ています。

 

 

マレーシアの言語であいさつ!「ありがとう」「こんにちは」など

 

基本マレーシアでは英語が使えるため、

観光やビジネスでマレーシアを

訪れるからといって、

 

公用語のマレー語を

習得する必要はありません。

 

英語でしっかりとコミュニケーションが

とれるためどちらかというと

しっかり英語が話せたほうがいいです。

 

 

しかし、相手先がマレー民族であれば、

簡単なマレー語であいさつなどできれば

好印象を持ってもらえたり、

 

コミュニケーションの

きっかけになるかもしれません。

 

 

マレーシアの言語でおはようは、

Selamat Pagiで発音は

スラマッパギと読みます。

 

 

こんにちはは、時間帯で

二つに分かれています。

 

12時から14時ころの

こんにちはの挨拶は、

 

Selamat Tengahariで

スラマットゥンガハリと読みます。

 

 

14時から日没までのこんにちはの挨拶は、

Selamat Petangで

スラマップタンと読みます。

 

 

さようならも

立場によって変わります。

 

帰る側が言うさようならは、

Selamat Tinggalで

スラマッティンガルと読みます。

 

見送る側からのさようならは、

Selamat Jalanで

スラマッジャランと読みます。

 

ありがとうのあいさつは

Terima kasihでトゥリマカシと読みます。

 

 

こんにちはと、さようなら、ありがとうの

3つだけでも覚えておくといいでしょう。

 

ただし、相手がマレー系の人に限るので、

そこには注意が必要です。

 

 

マレーシアの言語の割合について

 

日本は単一民族なので

日本語が公用語で母国語です。

 

しかし、世界に単一民族だけの国とは

少なく多くの国が多民族国家となっています。

 

そのため同じ国の中でたくさんの言語が

行き交います。

 

 

ビジネスなどでの共通語として

英語教育が発展しているのもそのためです。

 

日本人は英語が話せない人が多いので、

見習って英語教育にもっと力を

入れるべきだと思いました。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

国際恋愛と移住の専門家:  みいぱに
国際恋愛をサポートする有料サービス
みいぱに の半生

▼CLICK自由への道

最近のコメント
人気のカテゴリー
カテゴリー

スポンサードリンク
 





ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授