スウェーデンの求人、日本語を活かせる?働く日本人の仕事。日本企業の求人は?北欧へのワーホリや就職


 

スウェーデンの求人には

日本語を生かせる仕事がいくつかある。

 

ただ、やはり多くはないので

渡航前にオンラインの収入を作っておきたい。

 

 

ブログを手段にしてスウェーデンに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

 

 

 

 

現地で日本人が有利に就職するための

条件とは一体何なのだろうか。

 

 

必要なスキルや注意点を交えながら

おすすめの仕事を紹介しよう。

 

 

 

スポンサードリンク

スウェーデンの求人、日本語を生かせる仕事はある?移住した日本人の仕事。ワーホリの仕事

 

スウェーデンに移住した後で

仕事を探すのは大変だったりする。

 

スウェーデン移住をする前に

計画的に仕事を探しておきたい。

 

 

スウェーデンで仕事を探す

方法としては転職エージェントがある。

 

いくつか複数の転職エージェントに

登録しておくのがおすすめだ。

 

 

スウェーデンの求人には

日本語を生かせる仕事がいくつかある。

 

スウェーデンで日本人が

就職しやすい仕事は日本語の通訳など。

 

 

またどの国でも共通しているが、

パソコンの操作ができるとよい。

 

 

スウェーデンで働くには

英語が必須となることも覚えておこう。

 

スウェーデンで日本人が就職する際に

英語力が求められるため。

 

 

スウェーデンでの仕事においては、

英語を使ったやり取りが基本となる。

 

 

英語ができないというだけで、

スウェーデンで働くチャンスは少なくなる。

 

 

英語と併せてスウェーデン語も

学習しておくと、スウェーデンで働く上で有利。

 

スウェーデン語ができないと、

就ける職種が限られてしまうデメリットがある。

 

 

スウェーデンで日本人が仕事を探す際に

大事なことはコネを作るということ。

 

 

そもそも日本とは違って、スウェーデンには

仕事のための就職活動が存在しない。

 

 

スウェーデンの人たちは仕事を見つけるために、

積極的に企業や職場を訪れる。

 

いきなり企業を訪れて、その日に

就職が決まるなんてケースもあるから驚きだ。

 

 

スウェーデンで働くためには、

自らが動いて周囲とのコネを築いていく。

 

SNSなどを活用して周囲の人たちに

自身をアピールしていくことも大事になる。

 

 

スウェーデンのワーホリで

仕事を探すといった方法もある。

 

以前までは無かったが、スウェーデンでも

ワーホリが利用できるようになった。

 

 

今までは、スウェーデンで日本人が

仕事をするためには就労ビザが必要だった。

 

 

スウェーデンで日本人が就労ビザを

取得するのは困難とされていた。

 

 

スウェーデンでワーホリが利用

できるようになり、日本人の就職の幅が広がった。

 

 

中には、スウェーデンのワーホリビザを

利用して永住する人たちもいる。

 

スウェーデンのワーホリを活用して

仕事を探してみるのもよいだろう。

 

 

 

ストックホルムの求人。日本企業の求人は?スウェーデンなどの北欧で働く、就職。移住を後悔?

 

スウェーデンなどの北欧で働くには

具体的にどうすればいいのだろうか。

 

 

スウェーデンで就職する場合は、

転職エージェントの活用が効果的だ。

 

転職エージェントに関しては先ほども紹介したが、

スウェーデンにはIKEAなどといった

日本企業の求人もあるので登録しておくのがよい。

 

 

スウェーデンの求人は非公開のものも多く、

転職エージェントでないと公開されていない

情報もあるので、積極的に利用することをおすすめする。

 

 

ストックホルムの求人のサイトには

スウェーデンにおける日本企業が掲載されている。

 

 

ただ現状では、スウェーデンにおける

日本企業の求人の数は多くはない。

 

 

主な企業としては、IKEAや

アパレルメーカーのH&M、

自動車メーカーのボルボなど。

 

 

北欧で就職するのであれば、日本企業ではなく

現地の企業というのが一般的と言える。

 

 

そういう意味からしても、北欧で日本人が

仕事をする場合には現地の語学力が重要になる。

 

 

スウェーデンで就職する際、現地の

語学力が高いと面接でも非常に有利になる。

 

スウェーデン移住で後悔しないためにも、

事前に語学学習をしておくことが大事になる。

 

 

北欧に移住して仕事をしている日本人は多いが、

中にはデメリットに苦しむ人もいる。

 

特に子連れの場合は事前に下調べを怠ると、

高い確率でスウェーデン移住に後悔する。

 

 

北欧に移住して仕事をするメリットは、

社会福祉が手厚いことや職場での働きやすさだ。

 

日本みたいに残業はしないため、

スウェーデンで働くことは楽しくて魅力的と言える。

 

 

しかし、北欧では冬が長くて毎日が寒いので

嫌になってしまう人も多い。

 

子連れの場合は冬が長いというのは

かなり大きなデメリットと言えるだろう。

 

 

社会福祉が手厚いのは助かるが、

その代わりに税金がとても高い。

 

 

スウェーデンで働く場合や北欧での就職を

考えている人はその点に注意した方がよい。

 

 

 

まとめ。スウェーデンの求人(日本語)について

 

スウェーデンでの求人について

紹介してきたが、いかがだっただろうか。

 

 

スウェーデンでは日本語を

生かせる仕事があり、

働きやすい環境も魅力的だ。

 

ただそれには条件があり、

英語やスウェーデン語の

語学力が必要だったりする。

 

 

税金が高いことや、冬が長くて寒い

といったデメリットもあるのが事実。

 

 

だからこそしっかり下調べをしてから

スウェーデン移住に臨みたいところ。

 

 

ネットで検索すればスウェーデン移住者の

ブログも読めるので参考にしよう。

 

準備万端でスウェーデン移住に

挑戦すればきっと上手くいくはずだ。

 

 

尻込みをせずに情報収集をして、

スウェーデンで働く夢を叶えてもらいたい。

 

 

スウェーデン移住を計画する水口。

自分と同じフェミニスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

スポンサードリンク
 





人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授