軽井沢移住での後悔…軽井沢に住むデメリットとは?移住での後悔や失敗。別荘の補助金、老後をブログで紹介


 

軽井沢移住の後悔は、

観光地特有の事情に起因している。

 

 

自分は毎週末

人が大挙して押し寄せる場所には住めない(笑)。

 

 

国内移住の注意点、

 

フィリピンや軽井沢など
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

日本有数の避暑地、軽井沢。

 

夏には多くの人々が訪れるこの地は

ペンションや多くの別荘がある。

 

 

軽井沢移住で後悔しないために

現地に友人がいる自分が紹介。

 

 

 

スポンサードリンク

軽井沢移住で後悔?軽井沢に住むデメリットや失敗…軽井沢移住の生活をブログでチェック

 

標高が高く、夏は涼しく、冬は寒い。

 

年間の平均気温が札幌市よりも低い軽井沢は、

主に夏の暑さから逃れたい富裕層の

避暑地として知られていた。

 

 

一時の別荘ブームやペンションブームもあり、

高級別荘が立ち並ぶリゾート地だったが、

現在では観光地として人気だ。

 

人口2万人の町に年間840万人もの

観光客が訪れている。

 

 

だいたいの人は静かな環境、

豊かな自然などゆったりとした生活を求めて

軽井沢移住を考えていると思う。

 

 

東京から新幹線で約1時間。

 

車で2~3時間で行くことができ、

四季折々の自然に囲まれた

軽井沢に住むのは非常に魅力的だ。

 

 

しかし、何かデメリットはあるのか

気になるのでないだろうか。

 

 

移住者のブログやサイトでは

軽井沢移住のいい所ばかり挙げられているが、

移住したことを失敗したと感じている人もいる。

 

 

軽井沢で生活するには

どんなデメリットがあるのかというと、

まずは交通の不便。

 

実際生活するとなると、自動車が必須だ。

 

 

冬場は路面の凍結や雪など、

通勤通学や買い物など

一人一台必要になってくる。

 

 

しかも観光シーズンとなると、

観光客の運転する車が増え

渋滞や事故が増える。

 

 

自分の友人が

「住んでみて初めて知った」と言っていて

印象的だったのが、湿気の酷さだ。

 

 

軽井沢は標高が高いため

寒暖差が激しいので霧が多く、

夏は湿気が多い。

 

結露やカビのストレスは

予想外だったという。

 

 

また洗濯物も外には干せず、

室内干しで除湿器を

何台も稼働していた。

 

除湿器を稼働するための

電気代も高くなり、

軽井沢移住を後悔しだすのだ。

 

 

また、冬は氷点下の気温が続き、

室温も-15度などになる。

 

断熱設備や暖房設備が

充実している建物だと良いが、

そうでないと寒さで参ってしまう。

 

 

大量に建築分譲されたマンションでは、

石油ストーブの持ち込み禁止なケースも。

 

そうなると電気代もすごい事になる。

 

 

寒い地域で暮らしたことのない人は、

思っていた以上の光熱費や気苦労、

想像もつかない危険にさらされるのだ。

 

 

移住しようと思うなら、

移住した人の話を聞いたり

ブログでチェックしておくといい。

 

移住者の視点で書かれたブログを読むと、

自分がイメージしている移住後のビジョンや、

現在の暮らしとのギャップなどわかりやすく役に立つ。

 

 

 

軽井沢へ別荘を持って後悔?軽井沢移住の補助金は出る?老後の生活のデメリットとは?ブログで紹介

 

一部の地価の高い場所もあるが、

首都圏などとくらべれば

軽井沢の不動産価格は安い。

 

中古物件も結構多く

別荘を持つことも可能だ。

 

 

しかし、冬の気候は厳しいので、

高額な光熱費や維持費がかかると

考えておかないと後悔することになる。

 

 

移住者に対しての支援や補助金だが、

軽井沢では移住に対して補助金現在は

実施されていない。

 

以前は住宅建設資金の補助などあったようなので、

軽井沢町や長野県の公式ホームページなど

マメにチェックしておくと有利に移住できる。

 

 

軽井沢移住して老後を過ごしたいと考える人も多いが、

軽井沢の生活をよく理解してから計画したほうが良い。

 

田舎暮らしはのんびりしていると

思っている人が多いが、それが間違い。

 

 

例えば冬季に雪が積もる事の多い軽井沢では、

雪が積もると車の出し入れのたびに

雪かきをしなければならない。

 

雪かきは経験者でも大変な作業なのに、

やったことのない人がするのは大変だ。

 

 

老後の自分の体力を考えて、

日常生活の快適性を求めると駅や病院、

商業施設の付近に住むことになるだろう。

 

しかし、それでは静かな環境とは違ってくる。

 

 

自然に囲まれた静かな環境を求めて

森の中の別荘地を買うと、買物や冬の除雪作業など、

大変な手間がかかり体力的にも厳しい。

 

 

別荘地では、管理費とは別料金で

除雪をしてくれるところもある。

 

そういったサービスがあれば、

老後体力が無くてもどうにかなるが、

お金がかかる。

 

 

また、氷点下になると

水という水が凍っていく。

 

朝起きて、水道がでないと

後から慌てても遅い。

 

 

水抜きを怠れば、

簡単に水道管やパイプが破裂して大惨事になるし、

トイレタンクが割れるという事もあるのだ。

 

ウォシュレット取り付けるにしても、

寒冷地仕様にしなければ故障する。

 

 

軽井沢に移住することのデメリットを知り、

しっかり対応や準備を考えておかないと

厳しい老後を送らなければならない。

 

大事な退職金や年金の大半を使い、

軽井沢で別荘を購入したのに

後悔する事になる。

 

 

移住を決める前に、軽井沢に移住した人が

日常生活の厳しさを紹介するブログを

読んでおくのがおすすめだ。

 

 

 

まとめ。軽井沢移住の後悔について

 

住んでみて初めて知る事実もたくさんある。

 

移住する前に軽井沢移住の

デメリットについて

調べておくことは重要。

 

多くの場合、デメリットは

考え方や準備次第でメリットにもなることを

忘れないようにしたい。

 

 

軽井沢に住みたいと語っていた梁田。

自分と同じく、強いくせ毛と天然パーマ(笑)。

 

 

 

最後に、

最近、冒険しなくなったあなたへ。

 

コンサルを受けて、

好奇心旺盛な若い心を取り戻しませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

スポンサードリンク
 





人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授