マレーシアのロックダウンで輸出は?いつまで?ロックダウン8月など最新、工場と自動車、期間と影響…解除と延長【2021年最新】


 

新型コロナウイルスの影響により、

マレーシアでも

ロックダウンを行いました。

 

工場が閉鎖し、生産ラインが

ストップしたことにより

輸出ができなくなり、

 

マレーシアの経済活動に

大きな影響をもたらしました。

 

 

スポンサードリンク

マレーシアのロックダウン、 製造業の輸出はどうなった?トヨタなど自動車、半導体の工場は…合板と物流、ペナン

 

中国で初めての

新型コロナウイルスが検出され、

 

その後、新型コロナウイルスは

あっという間に世界へ

感染拡大していきました。

 

マレーシアでも瞬く間に感染者が急増し、

政府は2020年3月に

初めてのロックダウンを発表。

 

 

マレーシアの生産拠点である

ペナン州にある半導体などの

製造業ラインも停止し、

 

自動車部品の不足に

拍車をかけることになりました。

 

新型コロナウイルスで

物流がストップしたことによる影響は、

国内だけにはおさまらず、

 

日系の企業も打撃を受け、

トヨタ自動車では生産を

4割ほど減らすことを発表しました。

 

 

また、日本への木材輸入量1位の

マレーシアの合板工場では

 

クラスターも発生し、

品不足に悩まされました。

 

 

様々な部品を輸入に頼る日本にとって、

製造業の輸出がストップすることは、

自動車だけではなく、

 

部品を輸入するすべての企業に

影響を及ぼしたと考えます。

 

 

マレーシアのロックダウンはいつからいつまで?ロックダウン8月など最新、7月・9月、現在…期間と影響(2021年)。解除と延長、緩和と強化など状況と内容

 

マレーシアでは、

いつからいつまでロックダウンが

行われたのでしょうか。

 

調べてみると全部で

3度のロックダウンがありました。

 

 

1回目のロックダウンは

2020年3月17日からスタートします。

 

内容は、生活に必要なサービス業以外の

企業の閉鎖、各学校の閉鎖、観光客の入国、

海外旅行への出国の禁止、

 

マレーシア全土で移動が

制限されるなどです。

 

ロックダウン前夜には、

政府発表の影響により、

混乱した多くの国民がスーパーに押し寄せ、

 

食品を買い占めるといった

パニック現象もおきました。

 

当初の封鎖期間の2週間では

感染は収まらず、5月上旬まで延長され、

 

約2ヶ月間をも経済活動や

社会活動がストップするという

異例の事態となりました。

 

 

2回目のロックダウンは、

2021年1月からです。

 

マレーシア政府は、1月11日から8月まで、

 

マレーシア全土を対象とする

非常事態を宣言し、

6つの州をロックダウンしました。

 

 

最新の3回目のロックダウンは、6月です。

非常事態宣言下の中でも

ウイルスの感染は収まらず、

 

政府は、マレーシア全土で

フルロックダウンにふみきりました。

 

また、7月には、首都圏での規制を

さらに強化し、

必要最低限の外出禁止を発表。

 

買い物は、家族で一人までなど、

細かいルールが

決められることとなります。

 

8月になると、

新型コロナウイルスワクチン接種もすすみ、

完了者への緩和措置が発表され、

 

首都圏以外の一部地域での

移動制限が解除、

社会活動も再開されました。

 

そして、9月には

新型コロナウイルスワクチンの

接種完了を条件に、

 

首都圏への移動制限も

解除されました。

 

 

10月1日、4カ月ぶりに

国内全地域でロックダウンが解除となり、

現在は、感染者は減少傾向にあるものの、

 

各州の一部移動規制が設けられており、

首都圏では、まだ新型コロナウイルスに

対する緊張状態が続いている状況です。

 

 

マレーシアのロックダウンと製造業の輸出について

 

誰も予想していなかった

新型コロナウイルスの拡大。

 

100年に一度と言われるパンデミックが起き、

未知のウイルスとのたたかいの末路は

各国の判断に委ねられました。

 

 

結果、マレーシアでは、

3度のロックダウンを行い、

経済活動はストップし、

 

国内だけでなく、

世界各国へ影響をもたらしました。

 

 

日本では、特に、大手の自動車メーカーが

大きな影響を受けましたが、

 

長い目で見ると、ウイルスを

撲滅するためには

必要だったことは間違いありません。

 

 

現在、新型コロナウイルスは減少傾向でも、

今後、ウイルスがさらに変異し

未知なるウイルスが発見され、

 

感染拡大となることも考えられます。

製造業の輸出は一時的に

止めてまた再開することはできても、

 

感染して命を落とすと、

二度と生き返ることはできません。

 

マレーシアにとって、

ロックダウン政策は、必要不可欠なことで、

自分は間違っていなかったと考えています。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

国際恋愛と移住の専門家:  みいぱに
国際恋愛をサポートする有料サービス
みいぱに の半生

▼CLICK自由への道

最近のコメント
人気のカテゴリー
カテゴリー

スポンサードリンク
 





ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授